こんにちは!名古屋市やみよし市、豊明市を中心に愛知県や西三河で左官屋をしております株式会社コンドー工業です。
タイルの張り方には、さまざまな種類があります。
そこで今回は、タイル張りの施工法について一部解説いたします。


弾性接着剤張り

「弾性接着剤張り」は、「はるかべ工法」とも呼ばれます。
弾性接着剤張りでは、裏足形状のある専用タイルが用いられます。
下地に“櫛目ごて”で接着剤を塗り付けてから、タイルをもみ込むようにして張るのが弾性接着剤張りの施工法です。
広い目地幅となっていて空目地とする場合は、接着剤を“櫛目ごて”で塗り付けて、平らにならした後でタイルの張り付けを行います。
弾性接着剤張りは、剥離を防止するための目地詰めをする必要がない点がポイントです。


圧着張り

圧着張りは、小口平タイルから二丁掛け程度のタイルに使われる工法です。
下地に“張り付けモルタル”を塗り付けてから、トンカチの柄などを用いてタイルを張り付けます。
“張り付けモルタル”の塗り付けから、タイルを張るまでのモルタルの塗り置き時間が長くなると、接着力が低下してしまう恐れがあります。
そうなるとタイルが剥がれてしまう可能性もあるので、塗り置き時間はきちんと管理しなければいけません。


密着張り

小口平タイルから三丁掛け程度のタイルに適用されるのが密着張りです。
まずは、下地に“張り付けモルタル”を塗り付けます。
そして専用の振動工具を使って、タイル面に振動を与えつつ“張り付けモルタル”にタイルをもみ込むように張り付けます。
タイルを通してモルタルへと振動を与えるので、圧着張りよりもモルタルの塗り置き時間を長くとれるでしょう。
モルタルの塗り置き時間にゆとりをもてる点がメリットです。


【求人】コンドー工業では新規スタッフを募集中!

株式会社コンドー工業では、左官職人としてタイル張りなどに携わっていただけるスタッフを募集中です。
弊社では、経験者の方を優遇しています。
また未経験の方のために万全なキャリアアップ体制をとっているため、安心して業務に取り組むことができます。
厚生年金・健康保険など、福利厚生の面も充実しています。
また弊社は、名古屋市や三河地域における学校や工場、複合施設、病院、公園、マンション、市営住宅を主に活躍している点も特徴です。
業務量は安定しておりますので、安定収入を得たい方も安心してご応募いただければ幸いです。
さらにUターンやIターン、Jターンをご検討中の方からのご応募も、歓迎いたします。
手に職をつけたい方や協調性のある方はともに弊社で技術を磨いていきましょう。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


名古屋、岡崎、豊田市など愛知県で左官は左官屋の(株)コンドー工業
ただいま業務拡大につき左官職人・新規スタッフを求人中です。
〒470-0162 愛知県愛知郡東郷町春木西前5967-2
電話:0561-39-0050 FAX:0561-38-5316
【セールス電話・営業メール・求人広告媒体
・ホームページ商材・インターネット商材等】
上記等に該当する弊社の業務に無関係な案内は「禁止」とする